森本 悠介
2010年入社
カード営業部 法人営業第2グループ 福岡営業所

Job's Interview

人気プロ野球チームとともに、
福岡の地で
0から1を生み出す。

森本 悠介
営業本部 カード営業部 法人営業第2グループ 福岡営業所 2010年入社

Job's
 Interview

入社の決め手は?

就職活動の際は営業職をメインに、自分に身近なものを扱いたいと思い、不動産や百貨店、カード会社などに応募していました。当社はカード会社のなかでも特に若く、法人営業の領域についてはまだまだ伸びしろがある会社だからこそ活躍できるチャンスがあるのではと考え、入社を決めました。

その手で、こぎだせ。

現在の仕事内容

入社して10年目となる現在は、福岡営業所で法人営業を担当しています。主な業務は大きく2つ。1つは提携カードやオンネームカードなどのお取組先の新規開拓です。福岡のみならず九州全域を担当し、クレジットカード発行や新規会員の獲得が見込めそうな企業・団体に対して営業活動を行います。福岡に拠点を立ち上げた直後には地元の人気プロ野球チーム、福岡ソフトバンクホークスの開拓に成功しました。最近は九州をホームとするサッカーやバスケットボールのチームにもアプローチしています。また、新規開拓に加えて、その後の会員募集や利用促進プロモーションの企画・実施も大切な仕事です。たとえば、福岡ソフトバンクホークスとの取り組みの場合、ヤフオクドームでの入会ブース出展に際し、新規会員になっていただいた方にホークスグッズなどオリジナル特典をプレゼントしたり、既存会員がヤフオクドーム売店での飲食やグッズ購入にホークスカードを利用するとお得になるキャンペーンを実施したり。自分が打った施策や新しいアイデアが結果に結びついた瞬間には大きな達成感を得られますし、会社の利益や成長に直結していると実感できることは、法人営業の魅力の一つですね。

福岡営業所の立ち上げメンバーとなり、
新領域のカード発行を実現。

福岡営業所の立ち上げ準備室ができたのは2018年12月、入社9年目のときでした。当社初のエリア営業所の立ち上げメンバーに選ばれたときはプレッシャーもありましたが、0から1をつくる仕事に期待も大きく膨らみました。福岡に拠点を移した後は、法人営業担当として約200社への営業を敢行。その企業の1つに福岡ソフトバンクホークスもあったのです。最初はホームページからメールを送り、関係性がない中からの営業を開始。ただ、既に他社とのカードを出していたこともあり、正直難しいとも思っていました。とはいえ、九州といえばホークス。やる前から諦めず、まずは当社カードとのポイント交換という小さな提案から積み重ねていこうとアポイントを取りました。すると、ポイント交換は実現しなかったものの、担当者の方からオンネームカードの提案をいただいたのです。オンネームカードとは、お取組先ごとにオリジナルのデザインを施したエムアイカードのこと。上手くいけば、ホークス会員30万人(無料会員含む)、毎試合来場する約4万人の観客の方々に新規会員獲得のアプローチをする機会を得ることができます。さらに、福岡には岩田屋三越があり、ヤフオクドームでの購買活動で貯まったポイントを地元で使えることも大きな利点。エムアイカードのポイント経済圏を形成することで、福岡周辺での継続的なカード利用も見込めます。一方でホークスとしてもファンとのつながりを強化することができる。双方のメリットも一致し、当社初のオンネームカードとなるホークスカードの発行を実現することができました。しかし、これはあくまでスタートです。ファンのため、会員のため、球団と一緒にさまざまな施策を打ち出し続けることで、真に喜ばれるオンネームカードにしていかなければなりません。

新しい波を起こしやすい風土。
やりたいと思ったことに挑戦できる。

当社は今、百貨店カードのみを発行していた時代から大きな変貌を遂げています。私が入社した頃にはプロ野球チームとカードを発行するなど考えられませんでしたし、まさか自分が担当になるとも思っていませんでした。会社が成長過程にいるからこそ、既存の枠組みにとらわれない新鮮なアイデアや発想が重要。説得できる根拠さえあれば、年次に関わらず提案をできます。むしろ、上から指示を出されて仕事をする方が少ないくらいですし、波を起こしやすい風土は当社で働く大きな魅力です。「やってやる」というチャレンジ精神を持っている人、突き抜けるくらい個性的な人に、ぜひ入ってきてほしいと思います。私自身は法人営業のキャリアを7年積み、次のステージを見据えています。これまでの経験やスキルを活かし、法人営業のリーダーとして当社の利益拡大に貢献していきたいと考えています。一緒にさらなる波を起こしていきましょう。

ある日のスケジュール

09:45 出社 メールチェックと1日のスケジューリング
11:00 お客さま訪問
12:00 昼食
13:00 午前中の訪問振返りと午後の訪問準備
15:00 お客さま訪問
17:00 帰社 商談の議事録作成や報告を済ませ、
提案書作成や事務処理業務
18:10 退社