1年目社員座談会

その手で、こぎだせ。

就職活動のこと、研修や配属のこと、
そして、1年目の仕事のことなど、学生の皆さんが気になる内容について。
入社したばかりの1年目の社員たちがリアルに語り合ってくれました。

石川 渚

営業推進部
営業推進グループ 顧客サービスセンター
文学部 文学科卒

富沢 友康

システム部
IT開発グループ システム第2担当
政治経済学部 経済学科卒

間宮 由佳子

営業企画部
販売促進グループ 販売促進担当
社会学部 社会学科卒

最初に、皆さんの就職活動を振り返ってもらえますか?

富沢 政治経済学部だったこともあり、金融業界を志望していました。ただし、銀行かクレジットカードの二択。証券や保険なども説明会には参加しましたが、あまり自分には合っていない感じがして。
石川 私は、逆にまったく金融業界は志望しておらず、食品や小売業界の仕事を見ていました。就職活動を進めていくなかで、三越伊勢丹グループに興味を持って、エムアイカードの説明会に行ったんです。
富沢 僕は、三越伊勢丹グループというのは意識していなかったかも。
間宮 私は、どちらも考えていなかったな(笑)。業界も絞らず、幅広く見て、応募しました。でも、どの業界も自分が一番いいと思った企業だけを受けていったんです。エムアイカードはもともと持っていましたし、カードの中でも私にとっては身近でした。

説明会や選考で印象に残っていることは?

富沢 人事の方がとても物腰が柔らかく、人当たりの良い印象でした。この辺りは百貨店からスタートした会社という感じがします。また、若い人の力を求めていることも強く伝わってきました。
石川 たしかに、社員の穏やかさ、雰囲気の優しさは印象的でした。カード会社の業務内容もよくわかったし、あと、鹿島神宮カードの話が面白かったですね。自社単体のカードだけでなく、さまざまな会社やブランドなどとのつながりを持って社会に貢献しているという話に興味を持ちました。
間宮 それに、会社として「こうしたい、ああしたい」という将来への思いをたくさん話してくれたのも印象に残っています。選考が進むにつれて、緊張も不安も大きくなっていったのですが、人事の方が事前に面談してくださったり、選考が終わってからも「今日の振り返り」の場を設けてくださったり。とても安心して受けることができました。一緒に選考を受けている感じでしたね。
石川 私は、内定をもらった後の対応も忘れられない。他の企業だと「就活やめてね」と言われるかもしれないところを、「自分が満足できるまで就活をした方がいいよ」「自分の行きたい企業が見つかるといいね」って応援してくれて。そのスタンスに惹かれたところもありますね。

入社後の研修や配属が決まったときの気持ちは?

富沢 入社後の研修では、グループディスカッションが印象に残っています。
間宮 ああ、エムアイカードと他社のカードを比較して、良いところや悪いところを見つけていくものですね。
石川 あと、自分が人事の立場になって説明会を企画したり、内定辞退を防ぐにはどうするのが良いかと話し合ったりしたのもよく覚えていますね。
富沢 今思うと、ディスカッションの練習だったのかな。「若手もどんどん意見を言っていこう」という社風を研修のときから教わった気持ちでした。
石川 配属に関しては、面接のときから「お客さまと接する仕事がしたい」と話していたので、カード顧客サービスセンターに配属されて、コールセンター業務に就くことができたのは希望通り!
間宮 私はとくに希望はなかったんだけど、「販売促進グループ」と聞いたときは「なんだ、それは!?」とちょっと不安になりました(笑)。
富沢 僕は、「1年目は大変なところで頑張ります」と言っていて、じつは販売促進グループを希望していたんだけど、配属はシステム部!!人事の方に「最初の配属ではシステム部はあまりないよ」と言われていただけに驚きました。文系でしたしね。
間宮 おかしいな。みんな、ほとんどが希望通りだったと思うんだけどな(笑)。

最初の仕事は覚えていますか?

石川 私の部署は、お客さまから本当にいろいろなご質問をいただく部署なので、まずカードのことをしっかり勉強することからはじめ、オペレーションも学び、住所変更の手続きなどの基本的な業務からスタートしました。それでも、最初は緊張しましたね。まだ習得していない内容を質問されて、焦ることも。
間宮 最初は私も基本的な作業からスタートしたのですが、1ヶ月後くらいからは「新しいキャンペーンの準備をしてみて」と依頼されました。
富沢 はやい!
間宮 何をすればよいのか、どんな準備をするのか、まったくわからない(笑)。もちろん、教育担当(スポンサー)の先輩についていただき、一緒にやってはいましたが、ずっと手探り状態でした。でも、1つのキャンペーンを自分で一つ最初から最後までやると、全体の流れも見えてくるし、どこに気をつけなければいけないかも少しずつわかってきました。
石川 すごいなあ。でも、スポンサーがついているのは心強いよね。私もスポンサーに本当によく見ていただいていて、年は近いのですが、お母さんのような存在です。メールの打ち方から業務のことまで何でも教えてくれて、お昼も一緒。一から育ててもらっている感じです。
富沢 僕のスポンサーは、14年目の大先輩。知識と経験が豊富な方ですね。ちなみに、システム部の最初の仕事は、勉強すること。さまざまなシステムの概要を学び、自分の中に吸収していくところからはじまりました。直接プログラミングをすることはないけれど、開発を委託する上で知識は必要なので、基本的なことは自分で勉強して。その後、基本的な業務にアサインされました。手順に沿って情報を登録するのですが、最初はてこずってしまって…。あっという間に1日が終わっていましたね。

入社前と入社後でギャップはありますか?

石川 「お客さまと接したい」と話していましたが、自分が毎日お客さまと電話をしている姿は想像していませんでしたね。
間宮 私はキャンペーンの裏側の仕組みがこんなに複雑だとは思っていませんでした。結構、さまざまなルールがあるんですよね。
富沢 僕に関しては、最初から壁にぶつかり続けている感じ。でも、システムの知識についてはまったくのゼロからのスタートなので、どんどんステップアップできている実感があって、モチベーションも比例して上がっていっていますね。
石川 たしかに。最初は知識が足りず悔しい思いをすることもあったけど、徐々に自分の力でお客さまのご相談を解決できる機会が増え、喜びを感じることも増えていきました。
間宮 お客さまから電話でお叱りを受けたりしないの?
石川 なかには、あるよ。でも、そういうときは先輩が、今後どうやって対応していけばよいか一緒に考えてくれるし、お客さまからのご要望を集めて、よりよいサービスの提供に繋げるのが自分たちの仕事だと思うと、モチベーションも上がります。

エムアイカードの教育についてはどう思う?

間宮 「1年目だから」と特別扱いをされず、もちろん仕事量の調整やサポートはしていただけますが年次に関わらず同じように任せてもらえるのは楽しい。「大丈夫かな」とちょっと不安なときもあるけど(笑)。
石川 私の部署は逆に、1年の中で計画的に学べるようになっています。「このときまでに、これを覚えよう」とか「10月から、これをやってみよう」といった具合に。あと、失敗したときも怒られるというより、失敗した理由を一緒に考えてもらえるから、次に活かしていくことができます。
富沢 システム部も教育環境は整っていると思います。配属後に10日間の研修を受けた後に、1カ月くらい外部研修にも参加させてもらえたり。部署全体で、バックアップいただいているのを感じます。
石川 職場の雰囲気は本当にいいよね。入社前と入社後のギャップもない。台風で電車が止まったときも、「大丈夫だった?」って、みんなが気遣ってくれるし。
間宮 上司にも「さん」づけだし、よくお話しもする。仕事の話はもちろんだけど、「休みはどこかに行ったの?」とかプライベートの話も結構しますね。
富沢 普段からそういう雰囲気だから、上司や年齢が離れている人にも質問がしやすいよね。1年目からこんなに多くの方と話す機会がもてるとは思っていなかったなあ。

では、最後に今後の目標と
学生へのメッセージをお願いします。

富沢 システム部に配属になったからには、早くシステムの担当者として一人前になりたいですね。
石川 私も尊敬するスポンサーの先輩のように、何でも答えることができるようになりたい。
間宮 今は、「宿泊の売り上げを伸ばしたいので、この時期にキャンペーンを考えてね」と頼まれてから動いている感じなので、今後は「こういう目的で、こんなキャンペーンをやるべきです」と自ら提案できるようになりたいですね。
富沢 学生へのアドバイスに関しては…。仕事に関して、つまらなくて困ることはないので、やる気があって、前向きに挑める人だったら、どんどん挑戦できる環境だと思います。
やりたいことはやらせてくれる会社です。
石川 私は雰囲気を重視して入社して、それが正解だったなと思っているので、環境を重視する人には向いていると思います。
富沢 仕事はのんびりではないよね?
間宮 そうですね。「あれやりたいね、これやりたいね」っていう話は、休憩中もよくしている。やりたいと思ったことはどんどん提案できるので、主体的、自発的な人には本当に向いていると思います。
石川 私も「お客さまと接する仕事がしたい」と言って今の部署に決まったし。入社時からやりたいことを伝えるのは大切かも。
富沢 あれ?僕はシステムとは…(笑)。
間宮 適性を見抜いてくれてたんじゃない(笑)。
石川 カード会社って想像以上に業務の幅が広いのも魅力だし、エムアイカードの場合、どの部署も働きやすい雰囲気だから大丈夫だと思います。
間宮 そうですね。やっぱり、どんな人たちと働くかが重要ですよね。
間宮 皆さんと一緒に働けることをお待ちしています!