当社への応募を検討されている皆さまへ社長メッセージ

その手で、こぎだせ。

さらなる成長を目指して

当社は三越伊勢丹グループの中核金融会社としてグループ全体の成長の一翼を担っています。キャッシュレスのトレンドが拡大する中で、特にクレジットカード市場は2023年度には100兆円を超えるとも言われています。
また、三越伊勢丹グループはライフスタイルにこだわりを持つ富裕層のお客さまが多いことが特徴です。当社の強みは、この「優良な顧客基盤」と長年に亘り培った「信頼」です。コロナ禍もありVUCA※な情勢下では、「信頼」が大きな武器になり、この「強み」と前述の「クレジットカード市場の拡大」により当社ビジネスのポテンシャルは大きく拡がっています。
これまでは、加盟店の開拓や提携カードの開発、ポイント活用先の拡充を進めることで、百貨店でのお買物に限らず、お客さまの様々なライフシーンにおける利便性と付加価値の提供に努めてきました。
現在、当社は、百貨店グループの信頼とデジタル技術の高度化でお客さまのライフデザインパートナーを目指しています。新たなビジネスとして、企業やお客さまに対して、三越伊勢丹グループの「信頼」、長年のお取り引きで培った「マーケティング力」と「優良顧客基盤」を掛け合わせて、データビジネスの取り組みや金融プラットフォーム事業構想が進捗中です。企業としての成長とともに、皆さんが活躍できるチャンスが拡大しています。

※VUCA:予測不能な状態のこと。
Volatility、Uncertainty、Complexity、Ambiguityの頭文字をとった言葉。

チャレンジと自己成長

このように事業ドメイン拡大を進めている当社は、少数精鋭の人財で事業を展開しているため、新しいプロジェクトなどに若手のうちから提案・挑戦できるなど、若手の活躍を歓迎する風土が根付いています。主担当者としてビジネスをリードするチャンスがある一方で仲間と共に悩み責任の大きさを感じることもあると思いますが、このような経験は、皆さんの成長の大きな糧となっていきます。スポンサーと呼ばれるメンター制度や研修制度など組織としてフォローする体制は整っているので安心してください。
また、当社は何よりもコミュニケーションを大切にしており、役職に関わらず「さん」づけで呼ぶなど必要以上の上下関係や堅苦しさはなく、自分の意見をフラットに発言できるカルチャーがあります。

社員に期待する姿

当社が掲げる「どこにも真似できない未来をつくる」ため、当社社員に期待する姿は常に「お客さま起点で考え、情熱を持って仕事に取り組み、新たな価値を創造できる」人財です。
「お客さま起点」とは、自分ではなくお客さまの立場でニーズを捉える努力をすることで、社内外のメンバーと多様な意見を練り上げながら一つの目標に進んでいきます。「情熱」とは、失敗を恐れず、強い意思を持って、周囲を巻き込みながら最後までやり抜くことです。特に若手のうちは、失敗したくないからやらない、という行動よりも、挑戦した結果が失敗であっても、挑戦した行動を評価しています。「新たな価値を創造」とは、社会全体の流れにも目をむけ、既存のやり方にとらわれず形にできることです。

私自身は永きに亘りメガバンクで企画部門やマーケティング部門、IT部門、支店経営に従事してきましたが、昨年ご縁あって当社トップ招聘のオファーをいただきました。元々は生涯バンカーで通すことを考えていましたが、「当社が誇る優良顧客基盤、その市場価値の高いデータを活用した金融に留まらないビジネス[データビジネス、金融プラットフォーム事業]に大きな可能性を感じるとともに、それを実現できる土壌がある」といった点に魅力を感じ、2020年4月に社長を拝命いたしました。
また、私と同じように当社にビジネスポテンシャルを感じて大手企業から来られている方々もいらっしゃいます。
当社は少数精鋭を志しており、一人一人の裁量が大きく、スピード感をもって新たな取り組みを進められるのが特徴です。金融のみならず、さまざまな事業展開に向けて夢を持つ皆さんと一緒にチャレンジしていけることを楽しみにしています。
当社に、興味・共感いただけた方とお会いできるのを楽しみにしております。

事業展開はこちら