松本 啓佑
営業企画部 営業企画室
2008年入社

Career Interview

エムアイカードと
自分の成長に、
どう付加価値をつけていくか。

松本 啓佑
営業企画部 営業企画室
2008年入社

Career
 Interview

エムアイカードで成長を遂げる社員たちに
自身のキャリアを振り返ってもらいました。
今回はさまざまなプロジェクトの経験を経て、
現在、担当長として営業企画室を牽引する12年目の社員を紹介します。

その手で、こぎだせ。

入社1年目〜3年目

[顧客サービスセンター → 経営企画担当]

やりたいことはあっても、やり方がわからなかった。

自分たちで何かをつくったり、生み出したりできる仕事がしたいと考えていました。エムアイカードを知ったのは、クレジットカード業界のインターンシップに参加した友人からの話で業界に興味を持ったのがきっかけ。会社の規模や社風を聞き、ここなら新しいことができそうだと思い、入社を決めました。最初に配属されたのは顧客サービスセンター。ここで社会人としての基礎を身につけることができましたし、お客さまの生の声を聞くことができた経験は、その後の業務に大いに役立っています。2年目からは経営企画部で予算管理を担当。会社全体の動きを徐々に理解できるようになりました。ただ、今思えばこの時期は余力があるにもかかわらず、行動に移せない時期でもありましたね。「こういうことをやってみたい」という思いはあっても、どうアプローチすれば形にできるのかわからず、悶々としていました。

入社4年目〜5年目

[エムアイ友の会へ出向]

2事業を重ねた効果的な運営スキームの構築に挑戦。

キャリアの最初の転機となったのは入社4年目、グループ会社への出向です。課せられたミッションは、当時別々に運営されていた2つの会社の業務を効果的に運営するスキームの構築でした。当然、自分にとっては初めてのことばかり。法律の観点をはじめとするマクロなアプローチと、実際の現場の運営といったミクロなアプローチの両方が求められるプロジェクトで、4年目で挑戦するにはかなりハードルの高いと感じた案件でした。その一方、前部署で学んだことも活かせるし、自分の枠を大きく広げられるチャンスだという思いもありました。当時の上司からも、「自分が思うようにやればいいよ」と背中を押され、とにかくやれるところまでやってみようと思ったのです。結果、さまざまな壁にぶつかりながらも、「やって、やれないことはない」というその後につながる自信を得ることができました。それから、自分のやりたいことを形にするための仕事の進め方や、社内の巻き込み方を学ぶことができたのも大きな収穫でしたね。

入社5年目〜11年目

[経営企画担当]

挑戦したい案件は、自らチャンスを掴みにいった。

1年間の出向を終えて、再び経営企画担当に復帰。この部署でその後7年間を過ごすことになるのですが、ターニングポイントを挙げるとしたら2つあります。1つ目は、エムアイポイントの立ち上げプロジェクト。百貨店やホールディングスなど、さまざまなグループ企業との利害を調整しながら、事業管理のスキームやシステムの構築までをプロジェクト事務局として推進しました。当社の全体最適とグループの全体最適の接点を模索していく作業にはとても苦労したことを覚えています。しかし、多くの人と関わるなかで、交渉スキルや自分がやるべきことと他人に任せるべきことを整理するノウハウ、プロジェクト全体を管理する能力は大きく向上させることができました。それから、もう1つの成長のきっかけとなったのが、当社ではまだ実例の少なかった提携カードを実現するプロジェクトです。当初、私の上司が取り組んでいた案件でしたが、「新しいカードをゼロからつくるプロセスを勉強したい」という思いから、「こういう資料が必要だと思い、つくっておきました」と先回り。半ば強引に自分が担当者となる座を奪いとった案件です(笑)。「会社の中で、自分のキャリアにどのような付加価値をつけていくか」といったことを常に考えていたが故の行動でした。これから入社してくる皆さんにも、ぜひ、先輩の仕事を奪いとるくらいのスタンスで臨んでもらえたらうれしいですね。ちなみに、この案件はパートナー企業様とお互いに「良いカードをつくろう」という志を共感できていたこともあり、最後まで良好な関係を保ちながら困難をともに乗り越えていくことができたと感じています。

今後のキャリアについて

想定以上のスピードで
室長を任されることに。

その後は、中期計画の策定などを担当した後、営業企画室へ。室長として、7名のメンバーとともにエムアイカードの営業部門全体のとりまとめ業務と、新たなサービス企画の業務に取り組んでいます。室長の行う組織のマネジメントは、これまで経験してきたプロジェクトのマネジメントとはまた異なる難しさを感じています。自分ではまだまだ個人としても必要なスキルがたくさんあると感じていますが、任されたからにはベストを尽くすことだけを考えています。今後はこの会社と同様に、私の成長の振り幅ももっと広げていきたいですね。海外へ出ていくという選択肢もあるでしょうし、クレジットカード事業にとらわれず、当社の強みを活かした新しい事業開発に乗り出していく選択肢もあると思います。いずれにせよ、当社にはまだまだ挑戦できることがたくさんあり、若いメンバーの柔軟な発想や鋭い感性が求められる場面も少なくありません。だからこそ、これから入ってくる方にもぜひ、「会社を使い倒してやろう」くらいの意気込みで活躍してほしいと思います。